>

占いを副業として開業する方法

ライブ配信の視聴者からお客様を募る

歌唱やパフォーマンスなどの映像配信に対して、視聴者が支援の気持ちを投げ銭という形で行うライブ配信サービスで、占いを配信することも可能です。
投げ銭をしてもらった方に占いをしてあげる、という形で報酬を得る、という事になりますが、視聴者がいなければ報酬は発生しません。
ライブ配信型で占いを行っていく場合は、視聴者が増えるまで、認知のための配信を根気よくしていく必要があります。
ライブ配信の場合は予約管理の手間が無く、占い師の個性やスタイルを全面に出してアピールすることができます。
アプリに通販機能のあるタイプであれば、配信画面上で占いを商品として売ることも可能です。
現在はライバルも少ないので、初心者でも参入し易いプラットフォームです。

サイトに登録して依頼を待つ

占い師として依頼を受ける方法には、専門サイトに登録して、依頼を受ける方法があります。
多くの占い師が在籍しているサイトなので、おのずと占い好きが集まるので、メインターゲットにアピールし易いというメリットがあります。
ただ、既に多くの占い師が登録しているため、差別化を真剣に行わないと、選んでもらえないというデメリットもあります。
他の占い師の陰に隠れてしまわないようにするには、自分だけのネットショップを開設する方法もあります。
STORESやBASEなど、様々なサービスがありますが、占いの様な形の残らないサービスを販売することができないBASE等は、鑑定書を郵送することが必要になる物もあるので、選択する際は注意が必要です。


この記事をシェアする