オンライン占いを副業始めるには

>

コロナ禍の占い業界

服装や場所を気にせず行える

対面占いでは、占い師としての雰囲気づくりのための服装や場所に気を遣う必要がありますが、オンライン占いでは、姿を見せない占い方法があります。
良くあるのがメール占いです。
お客様から事前に生年月日などの情報をもらい、占い結果をメールでお知らせするという方法です。
お客様とコミュニケーションをとる必要が無く、結果の提供だけになるため、他の占い師との差別化が難しく、独特な占いスタイルだったり、既にネームバリューのある占い師でないと集客は難しい方法です。
また、電話占いも、お互い顔を見せない方法のため、場所や服装などを気にせず行えるというメリットがあります。
LINE電話やチャットワークスなどを利用して、鑑定する方法です。
リアルタイムでコミュニケーションを取りながら行うので、対面式に近い臨場感を提供できます。

ビデオ通話で対面式に近い占い

実際に占い師と対面しての占いを希望するお客様は非常に多いです。
現実には対面が難しい昨今、zoomやGoogle Meetなどのビデオ通話を利用したオンライン占いが、その代わりとして普及しています。
メール占いや電話占いと違い、占う相手の表情や手相、オーラ等を確認する事ができるので、占い手法もバリエーション豊富に提供できます。
お客様からしても、占い師の姿や、占っている様子も見ることができ、安心できるというメリットもあります。
実際に対面で占ってもらっている感覚に一番近い方法になります。
店舗では、他のお客様の存在が気になったりしますが、オンラインでは1対1なので、聞かれたくない相談が含まれる場合は、オンラインでの占いの方が向いている事もありますね。


この記事をシェアする